• カムヰヤッセン 未開の議場

『ごあいさつ』

 はじめまして。北区王子の佐藤電機ビルの地下にある劇場の芸術監督を務めております、北川大輔と申します。
普段は北区王子にある、特に若いアーティストを積極的に支援する劇場として活動しています。この度我々は、北区民と演劇を作るプロジェクトを始めます。
これまで開館から18年、様々な劇団に利用していただき、この10年ほど落語会や中高生を対象としたワークショップ公演などで地域の皆様とのつながりを模索してまいりました。現状それなりの結果を残すことが出来たという自負がある反面、北区にある劇場として、もう少し踏み込んだ事業を行うことが出来ないものかと考えていました。
昨今、地域振興を謳った様々なイベントが多数用意されています。もちろんそれらには素晴らしい効果を上げているものが数多くあるとは思っていますが、その反面、どうしても一過性の、継続を前提としないものも多くあります。

我々は、20年弱の劇場の経営で培った演劇の上演のノウハウを、どうにか地域に還元できないかと考えました。
我々が演劇を使ってお手伝いできること、それは豊かなコミュニケーションが存在するコミュニティを育むための地ならしをすることだと考えました。
演劇は、まず創ることに密なコミュニケーションを必要とします。そして、それを実際に観てもらうことで、世代を超えて、地域に広がる物語の共有を試みようと思います。
まだまだ現状、これからのプロジェクトなので、未知数な部分も多々ありますが、そのあたりも含めて楽しんで頂ける方のご参加を切にお待ちしています。
新しい形のコミュニティの密度を上げる実験にお付き合いいただければ幸いです。
               北区民と演劇を作る会
               王子小劇場 芸術監督 北川大輔

『公演情報』

北区民と演劇を作るプロジェクト

「未開の議場 〜北区民版〜」



未開の議場 写真
未開の議場 写真
未開の議場 写真
未開の議場 写真

【脚本・演出】北川大輔(カムヰヤッセン)

【出演】
[Aチーム]
牧座内みゅーじ 松山舞 内山拓磨 藤堂朝子 岩本好礼 藤原蕨 daifuku 荘司まゆみ 森田祐吏 大森れみ さとうみみ 安藤理樹 三村萌緒 北川大輔

[Bチーム]
岩本好礼 柴田和美 daifuku 桜井由美子 内山拓磨 井田雄太 森田祐吏 さとうみみ 石本工 三村萌緒 高橋ルナフ 安藤理樹 萩原深雪 北川大輔

チケット】
〈全席自由〉
前売・当日 2500円
北区民・北とぴあメンバーズ 2250円
学生 2000円
高校生以下 500円

[取り扱い]
・北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ10:00~20:00)
※臨時休館日は10:00~18:00、全館休館日は休業

・WEB予約フォーム (当日精算予約)
https://ticket.corich.jp/apply/75370/

共催】東京都北区 公益財団法人北区文化振興財団 花まる学習会王子小劇場
【協力】カムヰヤッセン
企画・製作・主催】北区民と演劇を作る会 実行委員会
【お問い合わせ】
・TEL : 03−3911−8259(北川/池亀)
・MAIL: kwctcc@gmail.com

【日時】
[Aチーム] 2016年8月26日(金)〜29日(月) 全6ステージ
8月
26日(金)19:30
27日(土)12:00/18:00
28日(日)12:00/18:00
29日(月)19:30

[Bチーム]2016年9月1日(木)〜9月4日(日) 全6ステージ
9月
1日(木)19:30
2日(金)19:30
3日(土)12:00/18:00
4日(日)12:00/17:00
※受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。

【会場】
北とぴあ ペガサスホール(北とぴあ15階)
〒114-0002 東京都北区王子1-11-1
JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分、東京メトロ南北線5番出口より直結

あらすじ


トメニア人労働者が多く住む地方都市、幸笠県萩島町。商店街の青年部が主催して、来月「萩島フェスタ」なるお祭りの実行委員会の会議がはじまる。基本的には進行の確認と、拍手の承認くらいで終わるはずだった。が、銭湯の女主人が口にしたタトゥーの入ったトメニア人の入湯拒否が訴訟にまで発展した話題から、各々の委員が抱えるトメニア人との問題が噴出し、会議は思わぬ方向へと走りだすのだった。

外国人問題を扱うに当たり、実際にブラジル人を始めとした外国人労働者が多く住む群馬県大泉町にフィールドワークに赴き、現地の行政の方や、民間レベルで活躍されるコーディネーターの方などに取材を重ねて製作された。上述の大泉町のような地方都市をモデルにし、古くは「12人の怒れる男」、または、三谷幸喜氏の「12人の優しい日本人」に連なる会議モノで、緻密な伏線と魅力的な登場人物によるドタバタ、どんでん返しが楽しめるエンターテイメント作品となった。と同時に、現在問題になっているネット右翼やヘイトスピーチなど、他国、民族への差別などを題材にしており、「異文化との共生は、その場所に住んでいる、ということをまずは是認する・寛容になる」ことに始まる、というメッセージを伝えている。

2014年佐藤佐吉賞最優秀助演男優賞(小沢道成)・優秀作品賞(カムヰヤッセン)・優秀脚本賞(北川大輔)・優秀助演女優賞(宍泥美)をそれぞれ受賞。

【スタッフ】・演出補佐 池亀三太 ・照明 黒太剛亮(黒猿) ・宣伝美術 安藤理樹


オーディション

募集要項

応募資格

  • 満18歳以上の健康な男女
  • 2016 年 8 月 24 日〜29 日・30 日〜9 月 4 日の     いずれかの本番期間にすべて参加することができる人
  • 公演の宣伝広報や小道具・衣装の作成などに協力できる人

  • なお、北区在住・通学・在勤の方を優先して採用します。

募集人数




  • 俳優 10名前後
  • アシスタントスタッフ 若干名

オーディション日程

  • 3/4(金) 18:00〜22:00
  • 3/6(日) 13:00〜17:00・18:00〜22:00
  •  (3回のうち、いずれか一回に参加して下さい。)

募集締め切り:2/29(月) 24:00

ワークショップオーディション受講費




  • ワークショップオーディション 1,000 円
  •    ※公演に参加する場合は別途公演参加費がかかります

稽古

  • 2016 年 5 月 週一回 / 6 月・7 月 週二回
  •      8 月 週三回〜直前期は連続で稽古します。
  • 稽古場所はココキタを予定                平日は18時〜21時、休日・祝日は13時〜21時

稽古費用    区内在住・在勤・在学 10,000 円
        区外         15,000 円

 

応募方法

募集は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

2日以内にご連絡させていただきます。
連絡がない場合はお問い合わせ下さい。

協力団体について

    王子小劇場ロゴ

    王子小劇場

    1998年7月にオープンした東京、北区の民間劇場。若手劇団への積極的な支援、独自色の濃い企画を開催しており、都内にある小劇場の中で注目度・劇団からの評価が高い。2007年度から劇団の全ての作品を審査する制度を導入し、質の高い公演を提供している。

    北区文化振興財団ロゴ

    北区文化振興財団

    北区における地域文化の振興を図り、「個性豊かな文化都市北区」の実現に向け、さまざまな文化芸術事業を行っています。財団が主催する公演などのご案内は、北区ニュース(毎月20日号)に掲載されています。


    カムヰヤッセンロゴ

    劇団 カムヰヤッセン

    東京の劇団。カムヰヤッセンとは、アイヌ語で「神様」を意味する「カムヰ」と、北川の出身地である鹿児島弁で「なさけない、たよりない、ふがいない」といった意味をもつ「ヤッセン」をくっつけた造語。



お問い合わせ

3日以上返信のない場合は再度お問い合わせください。